• Loading stock data...
  1. HOME
  2.      
  3. お知らせ
  4. 黒岩 泰
  5. 「窓を空けて上昇、上方の壁にトライ」~黒岩の眼1/14(夕刊)

「窓を空けて上昇、上方の壁にトライ」~黒岩の眼1/14(夕刊)

本日の日経平均は174.6円高の24025.17円で取引を終了した。買い一巡後は伸び悩む場面があったものの、引けにかけてはやや強含む展開。窓を空けて上昇しており、先高観は強くなっている。

外国為替市場では1ドル=110円に乗せる展開。足元の円安を受けて、輸出関連株には買いが入っている。米中貿易協議の進展など、投資家はリスクをとりやすい状況となっている。買い安心感は強く、株価は上値を試す動きとなっている。

日経平均の日足チャートでは、上方の窓埋めで達成感が出ず、上値トライの状況となっているのは、軸が上向いている可能性が高いことを示唆している。非常に買い安心感が強いチャートであり、株価は上値志向を強めるだろう。

その背景となっているのが、売り方の買い戻しが多いということ。「米イラン戦争」を前提とした売り崩しの巻き戻しが起こっており、それがしばらく持続しそうなのだ。日経平均は上伸する可能性が高く、投資家はそれについて行くしかないだろう。

投資家の関心は為替相場の動向、米中の経済指標などに移りそうだ。一方的なリスク回避の動きにはなりづらく、株価はこういったイベントを通過するごとに強化されていくだろう。投資家はその方向性を間違うことなく、ついて行くしかない。買いポジションを積み上げる必要がありそうだ。

   
お知らせ一覧に戻る